Daisuke Ohba

Daisuke Ohba

大庭大介

出版社:スカイザバスハウス

「内的な光」と「闇」は表裏一体を成していることを大庭大介は知り抜いている。彼は、セザンヌの絵画制作における方法論的アプローチを反転させ、その作家のネガ・イメージを浮かび上がらせたかったに違いない。「光=生」にペッタリ張り付いている「闇=死」の所在を意識的に取り込み、反転に反転を重ねていく。

― 飯田高誉「大庭大介 作品論 — 光の死」より抜粋

判型
298 x 211 mm
頁数
64頁
製本
ソフトカバー
発行年
2017
言語
英語、日本語