ベルリンを拠点に活動するアーティスト/写真家。日本列島や様々な場所へ旅をすることで、その土地を自身の身体で記憶してきた。移動を含めた写真の身体的行為から学び得た自身の体験や考察を軸に、多方面に構築した探求行為を通して「生のかたち」の探求を行なっている。2017年から18年にかけてインターナショナルスタジオプログラム招待作家としてドイツキュンストラーハウス・ベタニエンに滞在し、創作活動を行った。また、2016年から17年までは文化庁の「平成28年度新進芸術家海外研修員」としてドイツに滞在した経歴も持つ。

河合智子の書籍