魚河岸

魚河岸

茂木玲子

出版社:蒼穹舎

著者は前知識なく築地市場に入り、その活気ある光景に惹かれていった。圧倒的な魚河岸の日常に躊躇いながらも、シャッターを押していった。
「黒・茶・赤錆がたまらなく愛おしい。薄明かりの人影、水反射に魅せられどれほど夢中になったことか」

-出版社あとがきより

判型
230 × 230 mm
頁数
96頁、掲載作品90点
製本
ハードカバー
発行年
2020
言語
英語、日本語
エディション
300