A day in February with light

A day in February with light

黒田泰蔵

出版社:森岡書店

黒田泰蔵が最期までつくっていたのは円筒と梅瓶の2種でした。
なぜそうなったのか。その理由を考えることが、本書の構成につながりました。
今年2月のある日、日の出から日没まで、光によって変化する円筒と梅瓶を写真に写し、その光景の変化を観察しました。
円筒と梅瓶には、本だから表現できる姿があると思います。実際の作品とはまた別の存在感を感じていただけば幸甚です。

― 出版社より

※撮影時間:円筒 11時間11分、梅瓶 10時間54分

キーワード: 静物

$56.54

税込

在庫無し

欲しい物リストに追加
判型
263 × 188 × 10 mm
製本
ハードカバー
発行年
2021
言語
英語、日本語

関連書籍

Rare ruiswhan

マリウス・W・ハンセン

$11.71

Rare Fuck

マリウス・W・ハンセン

$11.71

Rare Monday

マリウス・W・ハンセン

$11.71

Rare Tenner

マリウス・W・ハンセン

$11.71

Rare Jan Groover

マリウス・W・ハンセン

$11.71

Rare Atlas

マリウス・W・ハンセン

$11.71

Rare Tearsheets

マリウス・W・ハンセン

$11.71

Signed IMPACT

今道子

$60.58