"Hong Kong is beautiful, isn't it?"/The Blooming Souvenirs

Signed

"Hong Kong is beautiful, isn't it?"/The Blooming Souvenirs

陳朗熹

出版社:自費出版

2冊セット。ナンバー入り

"Hong Kong is beautiful, isn't it?"
『"Hong Kong is beautiful, isn't it?"』は、香港・湾仔にあるゴールデン・バウヒニア・スクエアで、中国本土からの観光客の写真撮影行動を記録したシリーズ。ゴールデン・バウヒニア・スクエアは、1997年に香港が中国へ返還される際式典が行われた場所で、長年にわたり本土のツアーグループにとって必見のスポットになっている。ツアーバスが広場に停車し、バウヒニア像に押し寄せ記念撮影をする人々。多くの無許可の露店が観光写真サービスを売り込む姿。長く赤い旗を掲げながら、楽しくポーズを取るツアーグループ。「彼らは写真を何かを所有する手段として使用しています」と語る陳は、時折、広場の角にある階段に座り、この大規模で集団的な活動を静かに観察し、撮影を続けたという。

The Blooming Souvenirs
お土産は、観光客の旅行体験にとって大きな役割を果たします。ブランドイメージを形成し、その場所の文化や歴史を伝えるための重要な媒体です。1997年の香港返還以来、爪切り、マイクロファイバーのクリーニングクロス、冷蔵庫のマグネットなど、バウヒニア像をテーマにしたお土産を街中で見つけることができます。これらのお土産の多くは、政治史を楽しく魅力的な方法で示そうとしています。これらのお土産は、非常によく似た方法で複製され、市場に出回っています。しかし、2つの間の象徴的な関係をどのように理解すればよいでしょうか。これらのお土産は、香港での観光客の体験の象徴として機能するだけでなく、香港の繁栄を象徴する側面もあります。さらに、観光客がこれらのお土産を家に持ち帰り、友人や親戚と共有すると、お土産は土地の所有感や所有権さえも表します。お土産がどのように場所を定義するかをさらに反映し、調査するために、私はこれらのお土産を日常生活の用途に置き、日常生活の中でどのように見えるか紹介することにしました。― 陳朗熹

判型
235 × 174 mm
製本
ソフトカバー
発行年
2020
言語
英語、中国語
エディション
100

陳朗熹による出版物