草匂う日々

草匂う日々

溝口良夫

出版社:日本カメラ社

畑の草取りをした後に、雑草の匂いが染みついた身体で、都会の人の群れの中をカメラを持って歩くことがある。
「あなたにガーデニングなんて似あわないわ」そういう都会の女からも草の匂いがすることに気づく。付けまつ毛をした若い風俗の女からも、また京都の路地を足早に歩く花街の女からも草の匂いがする。草の匂いで胸苦しくなる夏、水着姿の人々の中をカメラを持って、サンダルをペタペタと砂を飛ばしながら歩く。木の橋であった江ノ島の遠い昔の光景を思い、そして女の写真を撮った。山深き緑の森の草の匂いに誘われるにも、また自然の中で生活する人を尋ねた。林の中には文化的な薫りのする女が、不思議な笑みを浮かべて私を迎えてくれた。そして街外れの人が蔑む建物を見ると、貴重で魅力あるにもかかわらず次々と露と消えてしまう。哀切の情と共に、せめて写真に残さねばと思うのである。

― 溝口良夫(本書あとがきより)

判型
247 × 258 mm
頁数
156頁
製本
ハードカバー
発行年
2017
言語
英語、日本語
ISBN
978-4-817921-61-1

溝口良夫による出版物

関連書籍

Signed KANBAN

森山大道

$105.09

78

須田一政

$84.08

2002

阿部淳

$33.63

Signed LONDON

山内道雄

$52.55

SignedRestock/Best of 蜉蝣

森山大道

$126.11

Bernoulli

カリーナ・レナード

$38.92

月光

野村佐紀子

$36.78