しかしか

しかしか

石井陽子

出版社:リトルモア

ようこそ、しかの惑星へ――。
しかしか写ってないんです。

しかに魅せられた「しか写真家」による、しかしかいない写真集。

住宅地に、駐車場に、お土産物屋さんの店内に……人間の暮らしに入り込む、しか・鹿・シカ!
人工物のなか悠然とたたずむその姿は、圧倒的な違和感と不思議な愛嬌がたっぷり。

しかってこんな顔してたっけ?
あれ、案外カワイくない?

- - -

奈良では神の使い=神鹿(しんろく)として丁重に扱われてきた歴史もある一方、生息数が急増している近年では交通事故や森林・農作物への食害などの問題で悪者になってしまいがちな一面も。

鹿と人間の関係はこれからどうあるべきか?考える時期なのかもしれません。
写真の中の鹿は、人間の決めた境界線など意に介さずいつも自由で、チャーミングで豊かな表情をみせています。

奈良と宮島を舞台に、写っている鹿の数は207匹!
巻末には鹿の種類、鹿の寿命、鹿の歴史など、鹿にちょっと詳しくなれるコラム「しかをしる」も収録。

溢れんばかりに鹿の魅力を詰めこんだ、動物好き必携の一冊が誕生!

― 出版社説明文より

キーワード: 動物 スナップショット

関連書籍

Signed 留鳥

伊藤昭一

$32.78

旅記

西村多美子

$59.60

王国

奈良原一高

$109.26

大門美奈

$37.75

Bernoulli

カリーナ・レナード

$36.79

Okinawa

アンデルス ・ペーターセン

$49.67