ブラジルの光、家族の風景—大原治雄写真集

ブラジルの光、家族の風景—大原治雄写真集

大原治雄

出版社:サウダージ・ブックス

知られざる、ブラジル移民のアマチュア写真家・大原治雄(1909-1999年)。その写真に記憶されているのは、愛おしく宝物のような日々。カメラを手にしてはじめて撮影した、妻の面影—。
2016年、高知県立美術館・伊丹市立美術館・清里フォトアートミュージアムで「大原治雄写真展—ブラジルの光、家族の風景」開催。ブラジル屈指の写真史料アーカイヴズであるモレイラ・サーレス財団に作品が収蔵されている唯一の日本人作家、"Haruo Ohara"。その貴重なモノクロ写真180点を収録した、日本ではじめての写真集。

「大原にとって写真は、人々から彼に向けて預けられた人生に、責任を持って尊厳と美を与える行為にほかならなかった」
―今福龍太(批評家・人類学者)「解説『 瞬間の歴史』を証す人」

― 出版社説明文より

判型
183 x 258 mm
頁数
176頁、掲載作品182点
製本
ソフトカバー
発行年
2016
言語
日本語

関連書籍

SignedRestock/Best of as it is

川内倫子

$31.78

78

須田一政

$84.75

Signed 留鳥

伊藤昭一

$34.96

SignedRestock/Best of 蜉蝣

森山大道

$127.12