はたらくことは生きること

はたらくことは生きること

石田榮

出版社:羽鳥書店

新品

働くことは
生きること、
いっしょうけんめい
生きること。

戦後まもない高知の鉱山・漁村・農山村で
働く人びとのかがやく姿を、鮮やかにとらえた
アマチュア写真家の、深い共感のまなざし

石田榮は、特攻隊を送り出す整備兵をへて、敗戦後、海外引揚者から譲り受けたカメラで写真と出会った。
働いて日々を生き抜くなかで、休みの日、カメラ片手に日曜日でも体を張って働く一次産業の人びとへ会いに通った。
昭和30年前後の5年ほどの間に撮られた写真は、ネガのまま半世紀を超え、人々の笑顔を甦らせる。

― 出版社説明文より