神の真庭

神の真庭

小原佐和子

出版社:蒼穹舎

久高島は沖縄県旧知念村にある周囲約8キロメートルの南北に細長い島で、琉球の祖神アマミキヨが初めて降り立った琉球王朝開闢の地とされている。「神の島」と呼ばれるこの島には、古くから御嶽(うたき)と呼ばれるニライカナイから神や祖先が来訪するとされる場所が島中に点在する。(略)神は島のあちこちに立ち現れ、人びとの生と死をみつめ続けてきたのかもしれない。彼らの生活とその祈りは形を変えながらも、この島では綿々と続いていた。(あとがきより)

― 出版社説明文より

判型
294 x 216 mm
頁数
74頁、掲載作品66点
製本
ハードカバー
発行日
2018
言語
日本語、英語