Panoramic Photography Europe 1975

Signed

Panoramic Photography Europe 1975

田中長徳

出版社:禅フォトギャラリー

写真家でカメラ評論家でもある田中長徳が、1975年に東ベルリンで手に入れたソビエト製のパノラマカメラ、ホリゾントで当時のヨーロッパを撮影したシリーズ。パリ、西ベルリン、ケルン、ハンブルグ、デュッセルドルフ、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダム、プラハなどの街角の日常の風景がパノラマサイズというユニークなスケールで切り取られている。同じくプラハの街をパノラマカメラで撮影したチェコの写真家Josef Sudekへのオマージュ作品でもある。

「パノラマ写真の魅力と言うことに関して解説分析する事は簡単なことでは無い。唯一重要な事はパノラマ写真は一般の写真芸術がいかに現実世界を切り取るかと言うことを重要な芸術的ポイントであると考えているのに対して、パノラマ写真はカメラアングル等最初から気にしてないのである。
重要なのは現実をいかに写真家の美意識で芸術的にトリミングするかと言うことではなくて、写真家の立ち位置の方がはるかに重要なのだ。つまり写真家が共同幻想として持っている『切り取ることが自分の芸術の成り立ち方である』と言う考え違いを見事に一掃してくれることにある。(中略)
私のパノラマ写真は言うまでもなく散歩の写真の延長と言うことだ。首を振りながらそこら辺に良さそうなカフェとか酒場とかないであろうかと探すこと。平和的なパノラマ写真。これが私にとってのパノラマカメラの正しい使い方と言うわけだ。」
ー田中長徳

判型
189 × 267 mm
頁数
108頁、掲載作品86点
製本
ハードカバー
発行年
2020
言語
英語、日本語
エディション
750
ISBN
978-4-905453-90-1