Suburban Bus

Suburban Bus

アレハンドロ・カルタヘナ

出版社:The Velvet Cell

Shortlisted for "2021 Paris Photo - Aperture Foundation PhotoBook Awards"

メキシコを拠点に活動する写真家、アレハンドロ・カルタヘナの写真集『Suburban Bus』は、バスを切り口に、人々とその日常の葛藤、社会の変化と分裂を捉えている。カルタヘナは、1993年から2004年の間、毎日バスでJuarez(フアレス)にある家族が経営するレストランに通っていたが、わずか5年の間に人口6万6千人から14万4千人へと急速に成長を遂げたフアレスの街を目の当たりにし、バスを頻繁に利用する人物ならではの観察力や洞察力を身に付けていった。

この写真集では、被写体をバスの座席に座らせ、夜明けから夕暮れまで続く長い通勤時間を352ページの中で表現している。
私たちは、朝、バス停で待っている人たちを見たり、バスの中に毎日乗っている孤独な見知らぬ人たちがいるのを見たり、窓から外の世界を見たり、一人の運転手が運転する車や広告、郊外や都市の風景を見たり、日が経つにつれて乗客のタイプが変わり、バスがさまざまな地域を通過するのを見たりします。『Suburban Bus』に目を通すと、毎日バスに乗っているときの体験に驚くほど近づき、その即時性、個人的な観察のつながりがより大きなイメージを形成するという点で、この本は注目に値する。

「ドイツの社会学者、Georg Simmel(ゲオルク・ジンメル)は、大都市が精神生活の心理的条件と感覚的基盤を作り出すと主張した。この視点に沿って、この本は、バスの窓を交差させながら、外から染み込んでくるすべてのものを読むように誘っています。徐々に目覚めていく都市、このバスの乗客がおそらく住んでいるであろう小さな同じ家の近隣、生い茂った公園、捕食的な広告などです。」
— Ximena Peredoのエッセイ「Fleeing from the Journey」より
(『Suburban Bus』のあとがきとして収録)

$53.94

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
240 × 163 mm
頁数
352頁
製本
ソフトカバー、ケース
発行年
2021
言語
英語
エディション
500
ISBN
978-1-908889-84-3

アレハンドロ・カルタヘナ による出版物