雪の刻

雪の刻

中井菜央

出版社:赤々舎

雪が律する時間、雪が生み出す存在。

中井菜央は、2015年より毎冬100日を新潟県津南町で過ごして撮影を続けてきました。2020年6月からは、約1年間津南町に滞在しながら撮影。主な撮影地とした津南町と、津南町に隣接する十日町市、長野県栄村は奥信越と呼ばれ、積雪が多く、世界有数の豪雪地帯です。この地域に降り積もる多湿で重たい雪の「個性」に惹かれ、中井は雪がつくりだす風景・光景、雪国に生きる人々を撮り続けてきました。

「雪がない時に雪の存在を感じる」
その気づきから見出された、天地の感覚を失うような雪の落下や、どこからともなく浸み出す水の気配。ねじれて進む季節。緑のうねりとかつての雪は通じ、さまざまな穴に覗く時間の淵や、類を超えて響きあう生命が写し出されていきます。この地の8000年前からの歴史を抱く地層や土器、森の色の違い、集落の人々の瞳の色。中井が捉えた、過去も現在も雪によって律せられているその大きさは、私たちの存在を問いかけ、見えない渦へといざないます。

重力や連続性から解き放たれ、凍結したような写真とそれらの構成の中に、雪の重層的な時間の厚みは生まれます。写真が記録したものがドキュメンタリーを超えて提示する、「雪」と「時間」をめぐる集大成です。

― 出版社説明文より

$40.17

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
255 × 210 mm
頁数
176頁
製本
ハードカバー
発行年
2022
言語
英語、日本語
ISBN
978-4-86541-142-3

中井菜央による出版物

中井菜央

$32.14