父ちゃんは写真家

父ちゃんは写真家

平敷兼七

出版社:未来社

平敷兼七という写真家は、日本のほかの地域にはない独特な歴史と風土ゆえに、撮られ、眼差され続けた沖縄のなかから、1970年前後に登場した沖縄の写真家たちのなかでも、ひときわ個性的な眼をもった表現者として知られる。ひたすら社会の辺縁に生きる女たちや沖縄の島々を訪ね、その陰翳にレンズを向け続けた。2008年の『山羊の肺』で伊奈信男賞を受賞し、写真界に衝撃をもって迎えられたが、その翌年惜しまれながら61歳で病没した。NHK日曜美術館で放映され、改めて平敷の写真の魅力を知らしめた。残された膨大なプリントから新たに編集したもので、無名の人、小さき者、異形の者たちを「影を撮る」ように内側から凝視した、驚くべきオキナワン・ポートレート。解説=仲里効、装幀プラン=石川真生。

― 出版社説明文より

キーワード: 沖縄 スナップショット

$43.35

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
192 x 225 mm
頁数
144頁
製本
ハードカバー
発行年
2016
言語
日本語

関連書籍

78

須田一政

$69.36

Signed 留鳥

伊藤昭一

$28.61

Signed 蜉蝣

森山大道

$104.04

旅記

西村多美子

$52.02