月夜

『月夜』は2011年の東日本大震災前後に浜松・東京で撮影されたモノクロ作品集。二十代の鈴木は浜松から上京し、
彼が小学生の時に男を作って家を出た母親と弟が住むアパートに転がり込んでいた。
鈴木にとってこの時期は混沌とした時代であり、何故かわからないが今でも執着しているという。
全部夢だったのではないかと思うほど、今となっては曖昧になってしまったが、写真に残っているから夢ではないと彼は思う。
写っているのは家族、身近な人、街で声を掛けた人、食べ物、風景など鈴木の日常である。繊細でありながら図太く生き抜く
逞しさも持っている一人の若者の、儚く生々しい写真が溢れている。

― 出版社説明文より

判型
257 x 182 mm
頁数
192頁
製本
ソフトカバー
発行年
2018
言語
日本語、英語
ISBN
978-4-86505-129-2

鈴木育郎による出版物

解業

鈴木育郎

在庫無し

関連書籍