枯野

枯野

山市直佑

出版社:蒼穹舎

「ぼくはこの町で生まれ育った。 この無機質で有機的な世界は、いつでも灰色に思えた。 その風景はいま、変わりつつあるようでいて、しかし、ぼくがこの町を離れる時間が長ければ長いほど、 戻ってきたときの風景は変わりない。(略)その風景の中を眼球は彷徨い、視線の先に像を結ぶのは、 何かが潰える瞬間のようで、どこまで歩いても地平線は色づかず、いつまで立ち尽くしも春は来ない。 そう告げられるようで、心許ない。」(あとがきより)

― 出版社説明文より

キーワード: 郊外
判型
285 × 216 mm
頁数
72頁、掲載作品89点
製本
ハードカバー
発行年
2019
言語
英語、日本語
エディション
500

関連書籍

BOTA

岡友幸

$42.84