川田喜久治は、日本の写真家。1933年茨城県土浦市出身。

年表

1950年 - 池袋にある立教高等学校に編入。
1952年 - 高校卒業時に伊豆長岡温泉で遊び、芸者をモデルに撮影した作品を土門拳・木村伊兵衛が審査員を務める『カメラ』に応募する(特選を獲得)。立教大学経済学部経済学科に入学し、写真部に在籍。写真部の共同制作として「池袋」のドキュメントを撮影。
1955年 - 卒業後、新潮社に入社。
1956年 - 2月19日号創刊『週刊新潮』のグラビアなどの撮影を担当。
1957年 - 第1回『10人の眼』展(写真評論家・福島辰夫による企画)に参加。日本写真家協会会員となる。
1959年 - 2月、新潮社を退社し、フリーとなる。初の個展「海」を開催、第五福竜丸を取材した作品を展示する。
1959年 - 7月、佐藤明、丹野章、東松照明、奈良原一高、細江英公とともにセルフ・エイジェンシーであるVIVOを結成(1961年まで)。
1960年 - 『カメラ毎日』2月号に、「三島由紀夫の館」を発表。
1965年 - 写真集『地図』を刊行する。序文を大江健三郎、ブックデザインを杉浦康平が担当する。
1971年 - 写真集『聖なる世界』を刊行する。澁澤龍彦によるエッセイ「バロック抄」を収録。
1973年 - 『カメラ毎日』6月号にダイアン・アーバスについてのエッセイを発表。
1987年 - 9月、沖縄県読谷村で、20世紀日本最後の金環食を撮影。
1988年 - 小笠原諸島の父島で、20世紀日本最後の皆既日蝕を洋上から撮影。
1989年 - 昭和最後の太陽を撮影。
1996年 - 「ラスト・コスモロジー」で第46回日本写真協会賞の年度賞、第12回東川賞の国内作家賞を受賞。
2004年 - 芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

出版物

1965年 -「地図」美術出版社
1971年 -「聖なる世界」写真評論社
2005年 -「地図 復刻版」月曜社

受賞

第46回日本写真家協会年度賞
第12回東川賞国内作家賞

川田喜久治の書籍