Ten photobooks about 3.11

Book Review

今週、2011年3月11日から10年目を迎えました。大震災、津波、福島での原発事故.. あの未曾有の出来事は、写真家/アーティストの表現にもいろいろな形で影響を及ぼしていると感じています。shashashaは“写真集”からこの10年を振り返ります。

The Top 10 Bestselling Photobooks of 2020

News

お正月明けの恒例となりました“トップ10”をご紹介いたします。2020年に刊行された写真集の内、shashashaで最も売れたタイトルは『光景宛如昨 中国の子供達 II』。約40年前の中国の姿が秋山亮二の絶妙な構図で切り取られ、写真作品としてのクオリティの高さも十二分に堪能できる1冊です。

Photobooks 2020: The Gifts

Best Books

大切な人への贈り物や自分自身のご褒美に写真集をお考えの皆様へ向けて、プリント付き、サイン本、この季節にピッタリの1冊まで、shashashaがお薦めする10冊をご紹介いたします。この冬お気に入りの1冊が見つかりますように。

Photobooks 2020: The Pandemic

Best Books

コロナ禍の今年、私たちの日常は様相を変え、これまでとは違う風景がそこには存在していたのではないでしょうか。コロナ禍の東京を切り取った写真家たち、ロックダウンで留まることを余儀無くされながらも新たなストーリーをつくりあげた写真家たち、彼らの目を通して生まれた2020年の写真集を取り上げました。また、行動・移動を制限され“ここではない、どこかへ”という思いが強くなる私たちの気持ちに応えてくれるような写真集も選んでいます。

濵本奏 インタビュー “midday ghost”

Interview

繊細な記憶、心情を写し出したかのようなポートレートやランドスケープ。全ての被写体は日常の風景でありながら、非現実で白昼夢のような作品群。2000年生まれの新進作家・濵本奏に、shashashaでも好評の『midday ghost』の作品世界から現在進行中の新作、自身の好きな写真集まで、お話を伺いました。

ストリートフォトグラフィー写真集 私のTOP 5:鈴木達朗

Book Review

ストリートが持っているエネルギー、そこに内在する焦燥感や張り詰めた空気が映し出された『Friction / Tokyo Street』(同名シリーズは2016年に開催されたSteidl Book Award Japanを受賞) が好評の鈴木達朗。ストリートフォトグラフィーの魅力を伝える鈴木のTop 5をご紹介いたします。

日本の写真集 私のTOP 5:ロハン・ハッチンソン

Book Review

建築・風景写真を軸に都市の成り立ちや社会の枠組みをアーティストブックで表現してきたオーストラリア出身の写真家ロハン・ハッチンソン。日本の写真集にも造詣が深いハッチンソンのTOP 5をご紹介いたします。

マーク・ピアソンが2020年日本写真協会賞国際賞を受賞

Interview

shashashaと禅フォトギャラリーのファウンダーであるマーク・ピアソンが2020年日本写真協会賞国際賞を受賞しました。これを記念し今回ピアソンに10のインタビューを行い、ギャラリー運営・写真集の出版・写真の収集・香港フォトブックフェアの開催といったこれまでの活動を振り返るとともに、日本の写真について語っていただきました。

2019年のお薦め写真集

Book Review

今年も残すところあとわずかとなりました。2019年もたくさんの写真集が私達の世界を広げてくれたと感じています。その中からshashashaがお薦めする2019年の5冊をピックアップしました。

山内道雄

News

山内道雄は写真家としてキャリアをスタートさせた80年代初期より、都市のスナップをモノクロームでとらえ続けてきました。作品制作の原点である東京のストリートスナップは山内の代名詞とも言えますが、90年代からは上海、香港、コルカタといったアジアの都市へ撮影の場が拡大し、台湾北部の港町基隆を撮った『基隆』で第20回林忠彦賞を、バングラデシュの首都ダッカを撮影したシリーズ『DHAKA2』で2015年には第35回土門拳賞を受賞しています。

土門拳賞受賞作家、梁丞佑の『青春吉日』が新装版で復刊

News

『青春吉日』は、2012年に禅フォトギャラリーから刊行されるも完売となり、これまで入手困難となっていた写真集。新装版では、表紙デザインが大幅に変更され、内容にも改変が加わる。shashashaでは、近日予約販売を開始いたします。どうぞお楽しみに。

禅フォトギャラリー開廊10周年記念キャンペーン

News

禅フォトギャラリー開廊10周年記念キャンペーン第二弾|2019年9月で禅フォトギャラリーが10周年を迎える機に、shashashaと共同キャンペーンを企画し、ファウンダーであるマーク・ピアソンが初期の中国展について振り返えました。キャンペーン期間中、関連商品を5タイトル以上ご購入いただいたお客様へ、1000円クーポンをプレゼントいたします。

奈良原一高「王国 Domains」

News

2019年6月中旬刊行、奈良原一高『王国 Domains』の予約販売を開始しました。先着限定でポストカードの特典あり。国内送料無料。

Showa Trilogy|Kazuyoshi Usui

Interview

多彩な活動を見せる写真家・薄井一議が、2000年初頭からはじめた写真プロジェクト”Showa”シリーズ。写真集『Showa 88』『Showa 92』に続き『Showa 96』が刊行され、シリーズ全三部作が完結した。もし「昭和」が別の時空で続いていたら⋯⋯。「昭和」を「生き抜く力」の象徴と捉える、独自の世界観について書き下ろしたテキストを、shashashaのために特別寄稿いただきました。

剥き出しのエロティシズム—Tokyo Rumandoの生と性

News

【禅フォトギャラリー開廊10周年記念キャンペーン!!】
2019年9月で10周年を迎える禅フォトギャラリーとshashashaの共同企画キャンペーンとして、Tokyo Rumandoのポライド作品3点をセット組みしたアートピースを抽選で1名様にプレゼントいたします。応募受付締め切りは2019年5月31日です。みなさまからのご応募をお待ちしております。

岩根愛、第44回(2018年度)木村伊兵衛写真賞を受賞

Best Books

第44回(2018年度)木村伊兵衛写真賞は、ハワイ各地で毎夏繰り広げられるBON DANCE(盆ダンス)をテーマにした岩根愛の写真集『KIPUKA』(青幻舎)および展示「FUKUSHIMA ONDO」に受賞が決定しました。

IN MEMORY|ISSEI SUDA

Book Review

Following the death of master photographer Issei Suda on March 7 this year, Zen Foto Gallery’s Mark Pearson wrote a personal text recounting the relationship between Zen Foto, who published five books with Issei Suda’s photographs—including the recent “Mechanical Retina on my Fingertip” as well as “Osorezan” and “Waga Tokyo 100”—between 2013 and 2018, the personal impact Suda’s work had had on himself, and Suda’s unique strength as a photographer.