1971年、スペイン・バレンシア州アリカンテ県オリエウラ生まれ。バスク大学で情報科学の学士号を取得したのち、 2006年に写真コレクティブ「Blank Paper」に参加。2009年にデザイナーNataliaTroitiñoと共に「Fiesta Ediciones」を結成、2013年からプラットフォーム「AMPARO」のメンバーとなる。2007年からはCASA(バレンシア)、Blank Paper、European Institute of Design、EFTI(全てマドリード)などの学校で写真を教える。2019年、Musee Nicéphore Niépce(フランス)で個展「Estudio elemental de Levante」を開催。主なグループ展に、2013年にIMA gallery(東京)とLE BAL(パリ)で開催された「New Spanish Horizo​​n」、2017年のアルル国際写真フェスティバルで開催されたBlank Paper Photography Collectiveの展示などがある。主な出版物に『Paloma al aire』(Photovision-Schaden-Dewi Lewis、2011)、『Elporquéde las naranjas』(Mack Books、2014)、『El blanco』(Dalpine、2016)、『Sol』(Dalpine、2017)などがある。

リカルド・カセスの書籍

Signed TOT

リカルド・カセス

$47.64