1972年、滋賀県生まれ。2002年『うたたね』『花火』(リトルモア刊) の二冊で第27回木村伊兵衛写真賞を受賞。09年にICP(International Center of Photography)主催の第25回インフィニティ賞芸術部門受賞。2011年に米Apertureとの共同出版で新作写真集『Illuminance』(日本版はフォイル刊)を世界五カ国で同時出版。2012年に東京都写真美術館で「照度 あめつち 影を見る」を開催。最新刊に『光と影』(12年・私家版)、『照度 あめつち 影を見る』(12年・青幻舎刊)。 2013年に写真集『あめつち』を世界3カ国で同時出版。

著作は他に『AILA』(04年・フォイル刊)、『the eyes,the ears,』『Cui Cui』(共に05年・フォイル刊)など。主な個展に、"AILA + Cui Cui + the eyes, the ears," カルティエ財団美術館(05年・パリ)、Hasselblad Center (07年・イエテボリ)、サンパウロ近代美術館(07年・サンパウロ)、"Cui Cui"ヴァンジ彫刻庭園美術館(08年・静岡)、"Illuminance" Gallery at Hermès(11年・ニューヨーク)、 "照度 あめつち 影を見る"(12年・東京都写真美術館) ほか多数。主なグループ展に、アルル国際写真フェスティバル(04年・フランス)、フォトエスパーニャ (06年・マドリッド)、"カルティエ現代美術財団コレクション展" 東京都現代美術館(06年・東京)、"Blooming ブラジル-日本 きみのいるところ" 豊田市美術館(08年)、 " Le Mois de la Photo à Montréal "(11年・モントリオール)、 “Deutsche Börse Photography Prize 2012”(12年・ The Photographers’ Gallery、ロンドン) などがある。

出版物

2022
『川内倫子:M/E 球体の上 無限の連なり』(torch press)
『橙が実るまで』(スイッチパブリッシング)
『やまなみ』(信陽堂)
『センス・オブ・ワンダー』(新潮社)
『川内倫子 《Early Works 1997》ミニポートフォリオ』(京都便利堂)
2021
『Illuminance: The Tenth Anniversary Edition, 2021』(torch press)
『Des oiseaux(On birds)』(HeHe)
2020
『そんなふう』(ナナロク社)
『as it is』(torch press)
2019 -『When I was seven.』(HeHe)
2018 -『はじまりのひ』(求龍堂)
2017 -『Halo』(Aperture / 日本版:HeHe)
2016 -『川が私を受け入れてくれた』(torch press)
2014
『きらきら』(イケムラレイコとの共著 / NOHARA)
『Gift』(テリ・ワイフェンバックとの共著 / IMA Photobooks)
2013
『SHEETS』(Kominek)
『あめつち』(Aperture / 日本版:青幻舎)
2012
『Light and Shadow』(私家版)
『照度 あめつち 影を見る』(青幻舎)
2011 -『Illuminance』(Aperture / 日本版:フォイル)
2010 -『Murmuration』 (Photoworks)
2007
『種を蒔く / Semear』 (フォイル)
『Majun』 (フォイル)
2006
『りんこ日記2』 (フォイル)
『りんこ日記』 (フォイル)
2005
『Cui Cui』 (フォイル)
『the eyes, the ears,』 (フォイル)
2004
『AILA』 (フォイル)
2003
『blue』(プチグラパブリッシング)
2001
『うたたね』 (リトルモア)
『花火』 (リトルモア)
『花子』 (リトルモア)

個展

2023 -「川内倫子:M/E 球体の上 無限の連なり」滋賀県立美術館 (滋賀)
2022 -「Rinko Kawauchi – A Retrospective」Christophe Guye Galerie(チューリッヒ)
「川内倫子:M/E 球体の上 無限の連なり」東京オペラシティ アートギャラリー(東京)
2021
「Under the same sky」 MA2 Gallery (東京)
「as it is」 Gallery Trax (山梨)
「M/E」 MITSUKOSHI CONTEMPORARY GALLERY (東京)
「A DROP 一雫」 TEATON (石川)
2020 -「as it is」 POST(東京)/Gallery&Antique RAURAUJI(大阪)
2019
「When I was seven.」アニエスベー ギャラリー ブティック(東京)
「いのちといのち―やまなみ工房のいとなみ」 HOTEL ANTEROOM KYOTO(GALLERY 9.5)(京都)/ギャラリーつつむ(滋賀)
2018
「Halo」 foto-forum (ボルツァーノ、イタリア)
「はじまりのひ」POST(東京)/橙書店(熊本)
「Someday for Sure」ギャラリーつつむ(滋賀)
2017
「Halo」POST(東京)/森岡書店(東京)
「Rinko Kawauchi – Moment」 Galeria Fotografii pf (ポズナン、ポーランド)
「Halo」 Christophe Guye Galerie (チューリッヒ)
2016
「The river embraced me」 Meessen De Clercq (ブリュッセル)
「Till The Day」 NOMA t.d. store (東京)
「The rain of blessing」 Gallery 916 (東京)
「Someday for sure」橙書店(熊本)/Gallery Trax (山梨)
「川が私を受け入れてくれた」熊本市現代美術館(熊本)
2015
「Let’s sing a song our bodies know」 Gucci (東京)
「Rinko Kawauchi - Illuminance」クンストハウス・ウィーン(ウィーン)
2014
「光と影」 rizm (兵庫)
「Ametsuchi」レスリー大学芸術学部メインギャラリー (ボストン)
「Rinko Kawauchi」アントワープ写真博物館(アントワープ)
「New Pictures 9: Rinko Kawauchi」ミネアポリス美術館(ミネアポリス)
2013
「Ametsuchi」 Galerie Priska Pasquer (ケルン)
「Ametsuchi」 Aperture Gallery (ニューヨーク)
「Light and Shadow 光と影」 K AGIYAビル4Fギャラリー(静岡)
「Light and Shadow 光と影」同志社女子大学mscギャラリー(京都)
「Ametsuchi」 ROSE GALLERY (サンタモニカ)
「Illuminance」 Christophe Guye Galerie (チューリッヒ)
「Light and Shadow」 Silencio (パリ)
2012
「Light and Shadow」 TRAUMARIS (東京)
「川内倫子展 照度 あめつち 影を見る」東京都写真美術館(東京)
2011
「Illuminance」 Ilan Gallery (パリ)
「Illuminance」 FOIL GALLERY (東京)
「A Glimmer in Silence」 FO.KU.S写真芸術センター(インスブルック、オーストリア)
「Illuminance」 Gallery at Hèrmes (ニューヨーク)
「murmuration」 ROSE GALLERY (サンタモニカ)
2010
「the eyes, the ears,」 Kunstverein Augsburg e.V. (アウクスブルク、ドイツ)
「A Glimmer in Silence」 Galerie Priska Pasquer (ケルン)
「AILA」成安造形大学アートギャラリー(滋賀)
「Rinko Kawauchi: Transient Wonders, Everyday Bliss - Photography, Video & Slides 2001–2009」アルゴス芸術メディアセンター(ブリュッセル)
「Iridescence」Meessen De Clercq (ブリュッセル)
2009
「Condensation」 Mountain Fold Gallery (ニューヨーク)
「a pause」 Gallery Trax (山梨)
2008
「Cui Cui」ヴァンジ彫刻庭園美術館(静岡)
「UTATANE」 Galeria Pepe Cobo (マドリッド)
「Semear」 FOIL GALLERY (東京)
「Rinko Kawauchi」 77 rue des Archives 75003 (パリ)
2007
「RINKO K AWAUCHI」Cohan and Leslie (ニューヨーク)
「Semear」サンパウロ近代美術館(サンパウロ)
「AILA + the eyes, the ears,」 Fotografins Hus (ストックホルム)/ ハッセルブラッド・センター(イエテボリ、スウェーデン)
2006
「AILA + the eyes, the ears,」フォトグラフィック・センター(コペンハーゲン)
「AILA + the eyes, the ears,」 Galerie Priska Pasquer (ケルン)
「AILA + Cui Cui + the eyes, the ears,」 Galleria Carla Sozzani (ミラノ)
「Rinko Kawauchi」 The Photographers’ Gallery (ロンドン)
2005
「Cui Cui」 QUARTER (フィレンツェ)
「AILA and the eyes, the ears,」 Cohan and Leslie (ニューヨーク)
「AILA」金津創作の森(福井)
「AILA + Cui Cui + the eyes, the ears,」カルティエ現代美術財団(パリ)
2004
「AILA」 UCRカリフォルニア写真美術館(カリフォルニア)
「AILA」リトルモア・ギャラリー(東京)
「UTATANE」 Cohan and Leslie (ニューヨーク)
2003
「花火」ホワイトキューブ(京都)
「Blue」 Gallery Rocket (東京)
「Rinko Kawauchi」 4F gallery (ロサンゼルス)
「Wacoal photo exhibition」スパイラルガーデン(東京)
「UTATANE」 vonrot gallery (ベルリン)
2002
「花火」リトルモア・ギャラリー(東京)
「HANABI」 Colette (パリ)
2001
「うたたね」パルコミュージアム(東京)
「花火」 Gray (東京)
「花子」リトルモア・ギャラリー(東京)
「ヒビ」 Aki-Ex ギャラリー(東京)
1999 -「ひといき」ライトワークス(神奈川)
1998 -「うたたね」ガーディアン・ガーデン(東京)

グループ展

2022
「Wabi Sabi」Japanmuseum SieboldHuis(オランダ)
「I have not loved (enough or worked)」The Art Gallery of Western Australia (AGWA)(オーストラリア)
「Des Oiseaux」Galerie le Château d’Eau (トゥールーズ、フランス)
「自分が自分であるだけでいい場所 川内倫子×やまなみ工房」 evam eva Yamanashi (山梨)
「新しいエコロジーとアート」東京藝術大学大学美術館(東京)
「Nobuyoshi Araki y Rinko Kawauchi」Fundación Texo (アスシオン、パラグアイ)
「橙が実るまで」 Rainy Day Bookstore & Café (東京)/本屋Title (東京)/橙書店(熊本)
「開館20周年記念展『Flower of Life 生命の花』」ヴァンジ彫刻庭園美術館(静岡)
「HOMO FABER 2020 “The Ateliers of Wonders”」サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂(ヴェネツィア)
「やまなみ―自分が自分であるだけでいい場所」湖のスコーレ(滋賀)
「川内倫子とやまなみ工房の風景」東大阪市民美術センター(大阪)
2021
「タイランドビエンナーレ・コラート2021」(コラート、タイ)
「プリピクテ『FIRE/火』」東京都写真美術館(東京)/他世界12カ所以上を巡回
「語りの複数性」東京都渋谷公園通りギャラリー(東京)
「千の葉芸術祭 CHIBA FOTO」千葉市中央コミュニティセンター松波分室(千葉)
「ミラノ・トリエンナーレ “Les Citoyens: Uno sguardo di Guillermo Kuitca sulla collezione della Fondation Cartier pour l’art contemporain”」(ミラノ)
「Past and Present, Positions of Japanese Photography」ゴスラー・ミェンヒェハウス美術館(ゴスラー、ドイツ)
2020
「厦門×アルル国際フォトフェスティバル2020 “Insights into a Time: Japanese Photography Now”」(廈門、中国)
「Our Duty is to Experiment – 20 years Galerie PRISKA PASQUER」Galerie Priska Pasquer(ケルン)
「古典×現代2020―時空を超えるアート」国立新美術館(東京)
「センス・オブ・ワンダー もうひとつの庭へ」ヴァンジ彫刻庭園美術館(静岡)
2019
「第15回連州フォトフェスティバル」(連州、中国)
「Land_Scope」 Christophe Guye Galerie (チューリッヒ)
「TOPコレクション イメージを読む 写真の時間」東京都写真美術館(東京)
「ミッフィーのたのしいお花畑 ディック・ブルーナが描くお花と絵本の世界展」ヴァンジ彫刻庭園美術館(静岡)
「CAMKコレクション展 ―小さな物語―」熊本市現代美術館(熊本)
2018
「TAYLOR WESSING PHOTOGRAPHIC PORTRAIT PRIZE 2018」ナショナル・ポートレート・ギャラリー(ロンドン)
「第6回SIPF2018フェスティバル “Incognito: The Eye in Search”」(シンガポール)
「25th Anniversary in Gallery Trax vol.I」 Gallery Trax (山梨)
「浅間国際写真フェスティバル」(長野)
「A Beautiful Moment」ハウス・マルセイユ(アムステルダム)
「A Matter of Light」 PALAZZO REALE (ミラノ)
「2018ソウルフォトフェスティバル」ソウル市立北ソウル美術館(ソウル)
「永遠に、そしてふたたび」 IZU PHOTO MUSEUM (静岡)
2017
「Japanorama. A new vision on art since 1970」ポンピドゥ・センター・メッス(メッス、フランス)
「Prix Pictet 2017: Space」ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(ロンドン)/他世界11カ所を巡回
「Seize the Uncertain Day ―ふたしかなその日」東京藝術大学大学美術館陳列館(東京)
「Somewhere I Have Never Travelled ~ 切り火を持って」 URANO (東京)
2016
「Japanese Photography from Postwar to Now」サンフランシスコ近代美術館(サンフランシスコ)
「In the Wake 震災以後:日本の写真家がとらえた3.11」ジャパン・ソサエティー(ニューヨーク)/アジア・ソサエティー・テキサス・センター(ヒューストン)
「地霊―呼び覚まされしもの~東川賞コレクションより~」十和田市現代美術館(青森)
2015
「NOW AND THEN」 Galerie Priska Pasquer (ケルン)
「The Younger Generation: Contemporary Japanese Photography」ゲッティ・センター(ロサンゼルス)
「In the Wake 震災以後:日本の写真家がとらえた3.11」ボストン美術館(ボストン)
2014
「INAUGURAL EXHIBITION」 SHERRICK & PAUL (ナッシュビル、アメリカ)
「Paraty em Foco en festa」(パラチ-、ブラジル)
「BIWAKOビエンナーレ2014」(滋賀)
「ランツクルーナ・フォトフェスティバル2014」(ランツクルーナ、スウェーデン)
「これからの写真」 愛知県立美術館(愛知)
「VIVID MEMORIES」カルティエ現代美術財団(パリ)
「Gift」 IMA gallery (東京)
「川内倫子×NOMA t.d.」 Gallery Trax(山梨)/TRAUMARIS(東京)/colissimo(兵庫)
「Toledo Contemporánea」(トレド、スペイン)
2013
「第29回東川賞受賞作家展」東川町文化ギャラリー(北海道)
「写真のエステ―五つのエレメント」 東京都写真美術館(東京)
「Fotografia Europea」(レッジョ・エミリア、イタリア)
2012
「Aperture Remix」 Aperture Gallery (ニューヨーク)
「大邸フォト・ビエンナーレ2012」(大邱、韓国)
「Deutsche Börse Photography Prize 2012」 The Photographers’ Gallery(ロンドン)
「庭をめぐれば」ヴァンジ彫刻庭園美術館(静岡)
「みえるもの/みえないもの」豊田市美術館(愛知)
2011
「FotoGrafia:ローマ国際フェスティバル」(ローマ)
「マンハイム、ルートヴィヒスハーフェン、ハイデルベルク フォトフェスティバル 」(マンハイム、ドイツ)
「Le Mois de la Photo à Montréal」(モントリオール)
「Han Nefkens: 10 years of patronage」ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館(ロッテルダム)
「Colloquy and Soliloquy」 Mountain Fold Gallery (ニューヨーク)
「こどもの情景」東京都写真美術館(東京)
「Bye Bye Kitty!!! Between Heaven and Hell in Contemporary Japanese Art」ジャパン・ソサエティー(ニューヨーク)
2010
「第6回連州フォトフェスティバル」(連州、中国)
「ブライトン・フォト・ビエンナーレ 2010 “New Documents”」 (ブライトン、イギリス)
「Summer Loves」ハウス・マルセイユ(アムステルダム)
「カッセル・フォトブックフェスティバル 2010」ドクメンタ・ホール(カッセル、ドイツ)
2009
「この世界とのつながりかた」ボーダレス・アートミュージアムNO-MA (滋賀)
「Photography Now China, Japan, Korea」サンフランシスコ近代美術館(サンフランシスコ)
「Parrworld」ジュ・ド・ポーム国立美術館(パリ)/バルティック現代美術センター(ゲーツヘッド、イギリス)
「FOTOGRAFIA:ローマ国際フェスティバル」 Palazzo delle Esposizioni (ローマ)
「常設特別展 しんりょく!展:平成20年度収蔵品を中心に」豊田市美術館(愛知)
2008
「Blooming ブラジル―日本 きみのいるところ」豊田市美術館(愛知)
「Urban Future #2」ハウス・マルセイユ(アムステルダム)
「Parrworld」ハウス・デア・クンスト(ミュンヘン)
2007
「Las partes y el todo: Colección H + F [The Parts and the Whole: H + F Collection]」Fundación Foto Colectania (バルセロナ)
「キュレーターズ・チョイス07 対話する美術館」東京都写真美術館(東京)
2006
「YOSHITOMO NARA+graf A to Z」吉井酒造煉瓦倉庫(青森)
「フォト・エスパーニャ2006」(マドリッド)
「カルティエ現代美術財団コレクション展」東京都現代美術館(東京)
「Whisper not !」ハウス・マルセイユ(アムステルダム)
2004
「アルル国際写真フェスティバル」(アルル、フランス)
「Lonely Planet 孤独な惑星」水戸芸術館現代美術センター(茨城)
2003
「第41回岡山市芸術祭公式プログラム LOVE PLANET―愛の惑星」(岡山)
「希望/HOPE ― 未来は僕らの手の中」ラフォーレミュージアム(東京)
「FOIL」リトルモア・ギャラリー(東京)
2002 -「木村伊兵衛写真賞受賞作品展」ミノルタフォトスペース(東京)
2000 -「ひなた彼方」 ランドマークタワーギャラリー(神奈川)

受賞

2023 - Outstanding Contribution to Photography Award 2023
2013 - 第29回写真の町東川賞国内作家賞
2013 - 芸術選奨新人賞受賞
2009 - 第25回インフィニティ・アワード芸術部門 アメリカ・ICP(International Center of Photography)主催
2002 - 第27回木村伊兵衛写真賞
2002 - 日本写真協会新人賞
1997 - 第9回ひとつぼ展グランプリ(写真部門)

収蔵

ヴァンジ彫刻庭園美術館、静岡
豊田市美術館、愛知
東京都写真美術館、東京
カルティエ財団美術館、パリ
ハウス・マルセイユ、アムステルダム
サンパウロ近代美術館、サンパウロ
サンフランシスコ近代美術館、サンフランシスコ

川内倫子の書籍

Restock/Best of as it is

川内倫子

$21.31

Gift

川内倫子、テリ・ワイフェンバック

$46.18

SignedSecond-hand Sheets

川内倫子

在庫無し

Hotshoe Issue 209: An Emotional Landscape

トレント・パーク、スティーブン・ギル、ミミ・プラム、川内倫子、ホンマタカシ、深瀬昌久、Jack DAVISON、ロビー・ローレンス、グレゴリー・クリュードソン

在庫無し

Middle Plane Issue 6

奈良美智、川内倫子、ホンマタカシ、横浪修、Various Artists

在庫無し

SignedRestock/Best of Halo

川内倫子

在庫無し

AILA

川内倫子

在庫無し

SHEETS

川内倫子

在庫無し

Restock/Best of 花火

川内倫子

在庫無し