長野重一は、日本の写真家。1925年大分生まれ。慶応義塾大学卒業後、『週刊サンニュース』に編集者として入社。1949年『岩波写真文庫』に入社後、写真家として活動。54年よりフリーランスとなり写真誌や総合誌を舞台に活躍。独特の観点を生かしたドキュメンタリー・フォトの傑作を数多く発表している。一方、映画やコマーシャルフィルムの撮影でも多くの業績を残す。1980年以降は東京の街を撮り続ける作品発表を精力的に展開。代表作に「ドリームエイジ」「遠い視線」など。

年表

1925年 大分県大分市に生まれる
1942年 慶應義塾大学経済学部に入学、慶応フォトフレンズに入部
1948年 週刊サンニュースの編集者として入社
1949年 岩波写真文庫に写真部員として入社
1954年 岩波写真文庫を退社
1955年 フリーランスの写真家として活動をはじめる
1956年 集団フォトのメンバーになる
1960年 国際報道写真家会議に日本代表として参加、写真展の審査委員をつとめる(東ベルリン)
1960年 日本写真批評家協会作家賞を受賞
1960年 「強制収容所」でカメラ芸術大賞を受賞
1967年 「朝日ジャーナル」の社外ディレクターとして多くの写真家とグラビアページの企画、編集を担当。
1986年 「遠い視線」で伊奈信男賞を受賞
1993年 「紫綬褒章を受賞
1995年 「日本写真協会年度賞を受賞
1998年 「勲四等旭日小授賞を受賞

出版物

1951年 「長崎」岩波写真文庫
1952年 「広島」岩波写真文庫
1958年 「現代日本写真全集」創元社。
1977年 「ゴッホの旅」(粟津則雄と共著)平凡社カラー新書
1977年 「アメリカ型録」(野坂昭如と共著)平凡社カラー新書
1978年 「ドリームエイジ」朝日ソノラマ
1979年 「よるのびょういん」(谷川俊太郎と共著)福音館書店
1984年 「ゴッホ紀行」(粟津則雄と共著)平凡社
1988年 「インカ帝国の残照」IPC
1989年 「遠い視線」IPC
1990年 「1960 長野重一写真集」平凡社
1995年 「時代の記憶 1945-1995 」朝日新聞社
1995年 「東京好日」平凡社
1997年 「日本の写真家」岩波書店 編集委員として参加。
2000年 「この国の記憶 長野重一・写真の仕事」日本写真企画

個展

1958年 「香港」富士フォトサロン
1959年 「TELEVISION 満6才のマンモス・メディア」富士フォトサロン
1960年 「ベルリンー東と西と」富士フォトサロン
1962年 「東京エッセイ」富士フォトサロン
1986年 「遠い視線」ニコンサロン
1988年 「遠い視線」ニコンサロン
1988年 「遠い視線」ギャラリー・ラファイエット・パリ市
1988年 「インカ帝国の残照」ミノルタフォトスペース
1989年 「香港人」キャノンサロン
1991年 「1960」JCIIフォトサロン
1992年 「玄冬の視線」コニカフォトギャラリー
1994年 「私の出逢った半世紀」コニカプラザ
1996年 「東京好日」コニカプラザ
1997年 「研究・長野重一の写真学 焼け跡から『遠い視線』まで」ガーディアン・ガーデン
1997年 「50年前、鎌倉のまち・すがた」ワイツ・ギャラリー
1998年 「いかるがの里」ワイツ・ギャラリー
1998年 「この国の記憶」「東京好日」コニカプラザ
1998年 「こども」ワイツ・ギャラリー
1998年 「みんなの写真家 長野重一物語」札幌市写真ライブラリー
2000年「この国の記憶 長野重一・写真の仕事」東京都写真美術館

グループ展

1956年「利尻の春」集団フォト第6回展
1957年「撤退」集団フォト第7回展
1959年「5時のサラリーマン」集団フォト第8回展
1961年「現代写真展1960」東京国立近代美術館
1961年「日本の写真家展」ヴェネチア・ヴィエンナーレ
1979年「日本の写真1848年から現代」ヨーロッパ巡回
1985年「パリ・ニューヨーク・東京」つくば写真美術館
1986年「日本の写真家」スペイン巡回
1986年「写真150年・渡来から今日まで」コニカプラザ
1990年「東京-都市の視線」東京都写真美術館
1991年「日本写真の転換-1960年代の表現」東京都写真美術館
1991年「写真家は何を見たか 1945~1960」コニカプラザ
1992年「写真家は何を見たか 1960~1980」コニカプラザ
1995年「写真都市・TOKYO」東京都写真美術館
1995年「東京・銀座三代」ギャラリーアートグラフ
1996年「日本の写真 内なるかたち・外なるかたち 第2部 戦後写真の変容」東京都写真美術館
1999年「10人の写真家たちの眼 20世紀日本の記憶」東京都写真美術館

長野重一の写真集