香港のような街は他にない。香港を陳偉江のように撮る人はいない。陳偉江のような写真家もいない。 陳偉江は1976年香港生まれ。父は新聞社のカメラマンとして、母はマカオのカジノで働いていた。1988年、彼は香港の新法書院に入学するも、わずか一年でドロップアウトした。それから長い間、彼はレストランやオフィスのボーイなど職を転々とする。10代の頃から何とはなしに写真を撮り始め、完全な独学と独立独歩の精神で写真にのめり込んでいった。彼は常にモノクロフィルムで写真を撮る。

写真に関して言えば、俺は自分をどうしようもない"ろくでなし"に分類するだろう。正直に言うと、写真がなくても俺は死にはしない、いつだって俺は写真がなくても生きていける。実際シャッターを押すことは些細なことだ。俺は写真を撮る。だけどそれは俺がしたいようにすれば良いってことじゃない。俺の写真の中の景色はすでに存在していた。他の誰かが写真を撮っても構わなかったわけだし。いずれにせよその景色は変わらない。俺はただ偶然撮っているだけ。俺がすごいだって?いや、それは大したことじゃない。——陳偉江 2013年9月

陳偉江の写真集

死生1

陳偉江、洪竹筠、マーク・ピアソン

$25.41

死生2

陳偉江、洪竹筠、マーク・ピアソン

$25.41

死生3

陳偉江、洪竹筠、マーク・ピアソン

$25.41

Signed

陳偉江

$136.83

婷婷

陳偉江

在庫無し

警像

陳偉江

在庫無し