1931年福岡生まれ。 1959年早稲田大学大学院(芸術学専攻)修士課程修了。 在学中の1956年に、初めての個展「人間の土地」が大きな反響を呼び、写真家としての活動を始める。 1959年、東松照明、細江英公、川田喜久治らとセルフ・エイジェンシィ「VIVO」を結成(1961解散)。その後、パリ(1962-1964)、ニューヨーク(1970-1974)と拠点を移しながら活動。1974年帰国後も世界各地を取材し、多数の展覧会を開催。写真集も数多く出版し、国際的にも高い評価を受ける。

出版物

1967 - 『静止した時間』
1969 - 『スペイン・偉大なる午後』
1970 - 『ジャパネスク』
1975 - 『消滅した時間』
1987 - 『人間の土地』
1985 - 『ヴェネツィアの夜』
2004 - 『時空の鏡』
2016 - 『太陽の肖像』
など

個展

主な個展に、「Ikko Narahara」ヨーロッパ写真美術館、パリ(2002-2003)、「時空の鏡:シンクロニシティー」東京都写真美術館(2004)、「手のなかの空 奈良原一高 1954-2004」島根県立美術館(2010)、「王国」東京国立近代美術館(2014-2015)など多数。

受賞

1958 - 日本写真批評家協会新人賞、
1958 - 芸術選奨文部大臣賞
1968 - 毎日芸術賞
1986 - 日本写真協会年度賞
1996 - 紫綬褒章
2006 - 旭日小綬章受賞
など

奈良原一高の書籍

王国

奈良原一高

$111.38