1969年カールスタード生まれ。スウェーデンの写真家、ビデオアーティスト。パリとスメッズビー(スウェーデン、ヴェルムランド)を行き来しながら活動している。
JHエングストロムは、10歳のときに家族でパリに引っ越すまで、スウェーデン中部のヴェルムランド地方で育った。この圧倒的な変化は、彼に早くから自分自身の存在を見つめることを促し、スウェーデンの田舎のゆったりとした時間のエネルギーとパリの生活の高揚感という対照的な生活環境に根ざしたビジョンを形成した。1993年、ストックホルムに居を構え、彼の作品の表現力に決定的な影響を与えた第一人者、アンデルス・ピーターセンと研究室を共有する。1997年までイェーテボリ大学の写真学校でこれらの教訓を学んだ後、1998年から2000年にかけてニューヨークに移り、ロバート・フランクのスタジオで過ごした。
エングストロムの活動は、あらゆるルールの回避に基づいており、スタイルの自由を標榜している。演出されたフレームだけでなく、瞬間的なものにも安らぎを感じ、モノクロとカラーの名手である彼は、偶然を使いこなし、写真そのものに疑問を投げかけるテクニックを駆使する。 2000年から2010年にかけては、インスタレーション、ビデオ、書籍、文章など、さまざまな手段を組み合わせた表現へと進化し、イメージ間のヒエラルキーを廃して、作品に幽玄な叙情性を取り入れた。
その直感的なアプローチには、自伝的な探求が中心となる、極めて個人的な世界の読み方が隠されている。JHエングストロムは、あらゆるものが内面に生命エネルギーを秘めていること、孤独や共感、安心感や逆に脆さを日々経験していることを示す。それゆえ、肖像画や自画像、静物画や風景画のひとつひとつが、回想の総体であり、ひとりひとりと向き合う親密で視覚的、詩的な日誌を構成している。2012年、JHエングストロームとマーゴット・ワラードは、アトリエ・スメッズビーを設立した。このワークショップは、週末に3回開催され、参加者は2人のアーティストと写真作品について交流することができる。

JH エングストロムの書籍

Signed Revoir

JH エングストロム

$56.67

Love Songs - Photographies de l’intime

荒木経惟、ラリー・クラーク、Nan GOLDIN、サリー・マン、JH エングストロム、榮榮&映里、殿村任香、林志鹏、コリエ・ショア、題府基之、Various Artists

在庫無し

Signed Day by Day

JH エングストロム

在庫無し