Love Songs - Photographies de l’intime

パリのヨーロッパ写真美術館(以下、MEP)で開催されている同名展覧会(2022年3月30日〜2022年8月21日)に併せて刊行。本書は、愛、身体的近接性、セクシュアリティ、ひいては親密さの理解と表現における写真の役割を問い直すものであり、愛の関係というプリズムを通して、写真の歴史に新たな視線を投げかている。時代毎にレコードの裏表のように構成されており、写真制作の中心に自身の親密さを置いてきた16人のアーティストの作品を収録している。

主な写真シリーズとしては、荒木経惟が妻・洋子との関係の始まりと終わり、新婚旅行からその死までを提示した「センチメンタルな旅」(1969年)と「冬の旅」(1989-1990年)、ナン・ゴールディンがニューヨーク・アンダーグラウンドを親密に探索的に散策した傑作「The Ballad of Sexual Dependency」(1983年から)などがある。1950年から2021年までの期間をカバーする本書は、象徴的なシリーズとフランスで初めて公開された作品を組み合わせて紹介している。

MEPのディレクター、サイモン・ベイカーが序文を寄せている。

― 出版社説明文より

<掲載作家>
Side A : 1950-2000

  • René Groebli
  • Emmet Gowin
  • Nobuyoshi Araki
  • Hervé Guibert
  • Alix Cléo Roubaud
  • Larry Clark
  • Nan Goldin

Side B : 2000-2021

  • Sally Mann
  • JH Engström & Margot Wallard
  • RongRong&Inri
  • Hideka Tonomura
  • Leigh Ledare
  • Lin Zhipeng
  • Collier Schorr
  • Karla Hiraldo Voleau
  • Motoyuki Daifu

$58.98

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
275 × 190 mm
頁数
228頁
製本
ハードカバー
発行年
2022
言語
フランス語
ISBN
978-2-36511-289-5