1979年、中国広東省生まれ、現在北京在住。2003年から毎日写真と短いテキストを発表してきたリンのブログ「North Latitude 23」は当時から注目を集め、彼はウェブコミュニティにおいて有名だった。中国において、若者の文化を写真を通じて世の中に発表した最初のひとり。また、インディペンデントでの出版を手がけたりするなど、中国の若者たちへ多大な影響を与えてきた。
デビュー以降、自費出版含め10冊の写真集を出版し、展覧会も国内外で開催してきている。中国の現代写真を代表する写真家である。
“No.223”は、彼がウェブ上でも使っていた通称。ウォン・カーウァイ監督作品の映画『恋する惑星』(原題:重慶森林、Chungking Express)の登場人物”警官223号”から採用した。リンの写真も、ウォン・カーウァイ映画のような詩的で夢のような雰囲気の感覚、写っている人やモチーフの孤独やミステリアスさを持っている。

林志鹏の書籍