One Year, One Woman

One Year, One Woman

マーク・ピアソン

出版社:株式会社 Hiroshi Onishi

冒険心、野心、思わぬ出会い、そして偶然の出来事が重なり、
東京るまん℃と私はおよそ1年という期間において、同じ時期、同じ4つの都市でめぐり会うこととなる。

いつどこにいても写真を撮ってしまうのは、いつの間にか私の中に習慣として身に付いていったものであり、東京で数年間にわたり東京るまん℃を撮影し続けたのも、それによるものだった。

東京るまん℃とクリス・ショーの香港での出会いは、いわば導火線。
これまで何気なく撮り続けていたスナップショットに、作品としての一貫性を与え、一つ一つの作品に生命力を与えるきっかけであった。
そしてその作品は、東京、香港、パリそしてロンドン、加えてアジアとヨーロッパの橋渡しをしていく過程で完結させなければならなかった。

そこに計画性はなく、私が察する限り目的もない。
しかし、もしかしたら何かしらの意味は有するのかもしれない。
これは、ある1年、ある一人の女と過ごした私の人生の一部である。

— 作者あとがきより

キーワード: ヌード ポートレート

マーク・ピアソンによる出版物

死生1

陳偉江、洪竹筠、マーク・ピアソン

$24.75

死生2

陳偉江、洪竹筠、マーク・ピアソン

$24.75

死生3

陳偉江、洪竹筠、マーク・ピアソン

$24.75

関連書籍

月光

野村佐紀子

$33.32

Signed OKINAWA

野村恵子

$26.66

Zi-it

オ・ジンリョン

$27.61