陽炎[櫻・京・太夫]

陽炎[櫻・京・太夫]

榎本敏雄

出版社:平凡社

夢とうつつの薄明の記憶にこそ
美しい日本がある

風に揺れる満開の老樹、散り敷いた花びらに射す陽光。
東山を「かぎろひ」が染め、しずかに目覚める京の町。
伝統としきたりの色里で、灯火に妖しく浮かぶ大輪——。

存在が輪郭を獲得していく朝、闇へと溶け込んでいく夕暮れ。
その刻々と移ろう光のなか、単彩の名手が切り撮った、はかなくあでやかな、一瞬の美。

広告写真や雑誌で活躍してきた名手・榎本敏雄が、「陽炎」の中に見出した、はかなくも美しき日本。

― 出版社説明文より

キーワード: 京都
判型
268 × 222 mm
頁数
112頁
製本
ハードカバー
発行年
2009
言語
英語、日本語
ISBN
978-4-582277-71-5

関連書籍