沈黙の中身はすべて言葉だった

沈黙の中身はすべて言葉だった

村越としや

出版社:Case Publishing

福島県須賀川市出身の村越としやは、東京に拠点をおきつつ、2006年以降故郷を被写体に選び、静謐でありながら力強い風景の中に、そこで過ごした自身の記憶をなぞるように継続的に撮影を行っている。東日本大震災を機に感じた「写真を撮る」ことへの葛藤。2011年から2015年にかけて撮影された本作では、村越の写真を続けていく強い覚悟があらわれている。

"地元を写し撮ることが、経験や知識という後から身につけたもので、自分自身の生まれ持ったモノやコトを削りとり、最後に何が残るのかを追求することならば、それ以外の地域を撮ることは、生まれ持ったモノやコト、そして経験や知識からあらたな好奇心や興味を見つけだし、自分自身をどこまで膨らますことが出来るかを、試していることだと思っています"

-村越としや

判型
260 x 368 mm
頁数
34頁、作品14点
製本
ハードカバー、合紙製本
発行日
2017
言語
英語、日本語
ISBN
978-4-908526-15-2

村越としやによる出版物

浮雲

村越としや

在庫無し

関連書籍