A girl at play

Signed

A girl at play

沢渡朔

出版社:Akio Nagasawa Publishing

「跳んでごらんプルーネ」(1964年)は、あるひとりの少女を撮ったシリーズです。
当時の日本では外国の風貌の子というのは珍しかったですし、彼女を見つけたときは妖精みたいだと思って、強烈に惹かれて撮影させてもらいました。 -沢渡 朔-

1970年代に『Nadia』や『少女アリス』といった作品で、日本の写真界に新風を吹き込み、女性を主題に数多くの作品を発表してきた沢渡朔。
1964年に撮影された『跳んでごらんプルーネ』は沢渡の初期を代表する傑作であり、アメリカ人と日本人のハーフの少女との出会いが、その後の方向性を決定づけた沢渡の原点ともいえるシリーズです。

― 出版社説明文より

判型
200 x 180 mm
頁数
80頁
製本
ソフトカバー、スリップケース入り
発行日
2018
エディション
900

沢渡朔による出版物

点子

花代、沢渡朔

$59.50

Rain

沢渡朔

在庫無し