Annual Series No. 7

この4冊組は、アメリカ西海岸・オークランドの出版社TBW Booksのアニュアルシリーズの第7巻にあたる。今回も4人のアーティストを招き、「人間の形」というコンセプトにアプローチしています。スタイル的に異なるアプローチを採用した各作品は、アーティスト自身の実践に挑戦し、彼らの作品だけでなく、写真という言語そのものに発見の余地を与えています。

それぞれの写真集は独立したタイトルとして考えられていますが、4つの写真集が一緒に提示されると、紛れもない対話が共有され、鑑賞者はこの4冊組を一つの写真によるメディテーションとして経験することができます。

カルメン・ワイナン『Body Index』
『Body Index』は、10年前にカルメン・ワイナンがフィギュア・ドローイングのクラスでモデルとして働き、あらゆる角度から見られている自分を見ていた時に始まりました。監視される女性の身体がアートに変換されるこの瞬間に影響を受けたワイナンは、元々は芸術家のための解剖学的参考写真であった女性のポーズの画像を集め、コラージュし、カメラの視線の前で女性の身体がいかに道具化されるかを探求し始めました。これらのイメージを再文脈化することで、ワイナンはポーズをとる身体の中に隠された反抗心を見つけ出し、それを露わにします。元々、無表情な学習用具として描かれていた被写体が、自己主張、優位性、何か誤ったものを見せているのです。これらのイメージの上には、レズビアンの分離主義者からマッサージセラピストまで、さまざまな身体が登場し、ジェンダーに基づく主体性と静止の条件を複雑化する一つの画面に融合しているのす。元々、何百ものイメージ・セルを含む個別のパネルに分かれたモジュール作品として組み立てられているが、ここでは、それぞれのイメージが1つのページを占めるように、厳重に選別された形で提示されています。

ユルゲン・テラー『The Nipple』
『The Nipple』では、ユルゲン・テラーが仮面をつけたヌードを被写体とする本の表紙をすぐに目にすることができます。このイメージは、特にパンデミック以前に撮影されたもので、私たちの死すべき身体の不安定な性質を暗示するものとして作用しています。テラーは、彼の象徴的なカジュアルなスタイルで、誰もいないヨーロッパの街角で、使われていない、手入れされていない運動器具を指し示すことによって、身体への暗示を続けているのです。やがて、この繰り返しは、内視鏡の医療処置を受けている作家自身という個人的な要素によって中断されます。床に置かれた着古した恐竜のコスチューム、ロードキルの犠牲となった乾燥したカエル、最後の呼吸から何日も経った汚れた地面にいる生気のない魚などです。弱々しく荒涼としたイメージと、生命力に満ちたイメージを対比させることで、テラーは、印刷の時点で、まだこれから起こるであろう孤立と緊張を見事に予見しています。

モナ・クーン『Study』
『Study』では、モナ・クーンが写真に夢中になった理由、すなわち潜在的なイメージのために暗室に戻ります。1920年代のシュールレアリスムの写真家にインスピレーションを受け、彼女はソラリゼーションの幽玄な質感を探求しています。ソラリゼーションとは、撮影された被写体が錬金術師の鉛筆によって強調されたように見える視覚的に明確なプロセスで、マン・レイのためにプリントしていたリー・ミラーが発見したとされ、最終的に彼の手柄とされました。その方法は、人間の形そのものと同じくらい複雑で不確かなものであり、その結果、過去のレシピは現在の素材にはもはや通用しないのです。その結果、酸化した魔法のような銀の輝きの層を見せるユニークなプリントのシリーズが完成したのです。

潜在的なイメージを結晶化させるクーンの試みは、被写体のカフカのような存在感を映し出します。無防備で詮索好きな自己意識から、見えない大衆に語りかける自信に満ちた姿勢、完璧に収められたシルエットまで、写真は現実と非現実の境界で揺れ動きながら、不条理なニュアンスを強調しています。

ポール・コイカー『Business of Fashion』
『Business of Fashion』は、2018年に写真家のポール・コイカーがミシェル・ラミーから、世界のファッション業界で最も影響力のあるテイストメーカーを集め、共に大衆文化に大きな影響力を持つ革新者や起業家と一体化する、Business of Fashion(BOF)が毎年開催する招待制イベント「Voices」でアートパフォーマンスを行うように誘われたことがきっかけで生まれました。

ラミーのリクエストに応えたコイカーは、ゲストを一人ずつ撮影し、首から下は「手足を広げた」ポーズで統一し、平等に写し出しました。グレースケールの背景で撮影された被写体は、人目につくことに慣れているため、半匿名の首なしマネキンとなり、ウィンドウディスプレイ、通信販売カタログ、オンラインマーケットを連想させ、業界の推進力となりました。覗き見のような好奇心と皮肉なユーモアのバランスを保ちながら、写真は見る者に、それ以外の何者でもない人々の、しばしば平凡な服を見せるのです。

― 出版社説明文より

$120.61

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
279 × 222 mm
製本
ハードカバー
発行年
2020
ISBN
978-1-942953-44-9

よく一緒に購入されている商品

Signed 暗箱

荒木経惟

$350.97

Annual Series No. 4

クリスチャン・パターソン、アレッサンドラ・サンギネッティ、レイモンド・ミークス、ヴォルフガング・ティルマンス

$99.01

最近見た商品

Annual Series No. 7

カルメン・ワイナン、ユルゲン・テラー、モナ・クーン、ポール・コイカー