CAN YOU HEAR THE WIND BLOW

CAN YOU HEAR THE WIND BLOW

KIM Jungman

出版社:NAZRAELI PRESS

韓国人コンテンポラリーアーティスト、フォトグラファーのキム・ユングマン(Kim Jungman)の作品集。大判の写真を贅沢に使い、木や葉の枝のかすかな動き、そして数えきれないほどの鳥たちが空を飛び、枝で休む様子によって風の音が表現され、一本一本の木が集まってできた広々とした森のような空間が広がっている。その中で木々は何にも遮られることなく風に吹かれて自由に揺れ動く。誰も知らない楽園にいつの間にか植えられていたとでもいうような風情を漂わせている木々は、地面にしっかりと根を下ろしながらも柔軟に姿を変えるストイックな人間のように見えてくる。ここに写っている木々は、実際にはどれもソウルにある作家の自宅とスタジオを結ぶ小道に沿って立つ誰にも顧みられることのないような街路樹である。作者は10代の頃にアフリカのブルキナファソに引っ越した後にヨーロッパに渡り、フランスのニース高等芸術学院 - ヴィラ・アルソンで絵画を学んだ。そこで写真への情熱を見出したユングマンは、ソウルに戻るとすぐに斬新でしばしば物議を醸しだす作風を用い始め、韓国で最も成功した商業 / ファッションフォトグラファーとして名声を博した。キャリアの頂点にあった2006年にパーソナルワークに専念することを決断し、故郷韓国の田舎を撮影して回った。このシリーズは2008年から2017年の間に撮影されたものである。本書はソウルのハンミ写真美術館および北京のスリーシャドウズ・ギャラリーで開催された大規模個展に伴い刊行された。

― ディストリビューター説明文より