綺羅の晴れ着

Signed

綺羅の晴れ着

甲斐啓二郎

出版社:禅フォトギャラリー

ポスターカバー付き。カバーはA、B2種あり。

国内外の伝統的な祭り、特に大勢の参加者による激しい動きを伴う格闘的な祭事を長年撮影し、2020年に『骨の髄』(新宿書房)として写真集にまとめた甲斐啓二郎。今回の新刊写真集『綺羅の晴れ着』は、日本において数百年以上前から続いていた伝統的な裸祭りである岡山県の西大寺会陽、三重県のざるやぶり神事、群馬県のヤッサ祭りと岩手県の黒石寺蘇民祭を甲斐が5年間かけて取材した作品がおさめられている。

「甲斐啓二郎のレンズを通して現れるのは、ハレの夜の熱気である。古来より続く伝統行事の記録として貴重なことはこの上ないが、この写真集にはそれだけにとどまらない、別の次元があるように思う。それは個と群衆の関係や、撮影という行為にまつわる不可知の領域について考えさせるものである。ひとことで言えば人間の行動を扱うという意味での、人類学的な次元である。」
― 港千尋 (写真家) 写真集寄稿文「闇の奥へ」より

みればわかるが、参加者ははだかである。衣服を脱ぎ捨て、身体の自由を得たはだかの参加者が、咆哮し踊り、汗や体臭を互いに撒き散らし、肉と肉をぶつけ合う。私はその混沌の中に身を投げ出し、がむしゃらに撮影している。その群衆の中にいると、体臭は出どころがわかりにくい分、咆哮する声や汗よりも、妙な存在感があり不気味に感じる。だから、汗で濡れた肌と肌が触れ合い体臭が群衆を覆う時、心地悪さと同時に恐怖心が芽生えてくる。その心地悪さと恐怖心は、そこにいる者の感覚を鋭敏にし、意識や自我が引き剥がされた、わたしであってわたしでない身体を呼び覚ます。社会の中で生きている意味や目的(そんなものが最初からあるのかわからないが)は吹き飛び、野性をむき出しにするのである。

― 甲斐啓二郎(本書あとがきより)

$33.26

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
364 × 257 mm
頁数
52頁、掲載作品27点
製本
ソフトカバー
発行年
2023
言語
英語、日本語
エディション
800
ISBN
978-4-910244-25-9

最近見た商品

甲斐啓二郎による出版物