DRAGONFLY

DRAGONFLY

尾仲浩二

出版社:冬青社

カバーの右下が少し変色しています

聞いたわけではないが、尾仲浩二は、自分の気に入った風景を見つける嗅覚が利くのだろう。

写真集として集約された結果だけを見ると、そういう印象を受ける。

尾仲にとって、日本を歩くことは、いわばメシのタネであるが、どうしてもこの土地でなくてはならないという、切羽つまった思い込みはないのかもしれない。

そういうことでは、このような写真は撮れない。ごく気楽に旅に出て、気に入った風景を切り取ってこれれば、それは、最高の一日なのである。

尾仲の写真には、すべて既視感があるのは、彼の作為にみごとハマったことになるのだが、それはそれでいいわけで、見た方もいい気になって、写真家の追体験ができれば、いい一日だったということができるという、いたってシンプルな構造なのである。

キーワード: スナップショット

尾仲浩二による出版物

関連書籍

EXIT

金 玖美

$38.59

Bernoulli

カリーナ・レナード

$35.73

LUNA

陳偉江

$241.19