熱き日々 in オキナワ

熱き日々 in オキナワ

石川真生

出版社:FOIL

そこには愛があった。

故・東松照明が「ミイラ取りがミイラになる直前の危うさのなかで見た人生の 裸形がここに投げ出されてある」と評した伝説のデビュー作が、30年という長 い封印を経て、ここにふたたび発表されます。日本への復帰まもない1975年の沖縄で、22 歳の石川真生は、英語もしゃべれないなか、外人バーに飛び込みま す。堂々と米兵との恋愛や青春を楽しむ沖縄や本土の女性。そして彼女たちとの恋愛に身をやつす米兵。
ベトナム戦争の終わりかけた激しい時代に生きる男女の、生命力あふれる姿と 沖縄を、石川はシャッターに収めました。女性たちと黒人兵への、人生讃歌、愛の讃歌がありありと描かれています。
2011年にさがみはら写真賞を受賞し、近年国内外でますます注目を浴びる石川真生の、待望の写真集です。

女たちはその街でノビノビと生きていた。
明るくて、たくましくて、強い女たち。
1977 年までの2 年余り、私はこの世界にどっぷり浸かって 青春を謳歌した。
この時撮った写真は、私の原点だ。

石川真生(あとがきより)

― 出版社説明文より

石川真生による出版物

関連書籍

Signed たね

ときたま

$34.95

78

須田一政

$79.89