Midnight Call

Midnight Call

高橋恭司

出版社:TISSUE Inc.

写真家・高橋恭司の完全新作による写真集。
1990年代以降、数々のポートレートや風景写真を発表してきた高橋の作品は、常に時代や風潮の喧騒の外側へと見るものを誘うオルタナティヴな引力とともに、私たちの前に立ち現われてきました。本作は、その高橋が2019年の晩秋、初めて訪れたパリを中心にフランスで撮影した写真群を収録したものです。

近代写真の始まりの街、世界を欲情させ続けてきたイメージの都、万博や近代オリンピックといった「近代国家的スペクタクル」の舞台。すなわち、今日においても我々が互いをまなざしあう近代の視線や構造が形をとったその街。茫漠たる荒野からそんなパリの細部へと視線を移した写真家がフィルムに収めた数々のシーンは、近現代史の傷を癒す暇もないほど短かった千年紀末を経てさらなる断絶が拡がった世界の断片であり、それを決定的に寸断したCOVID-19のパンデミック直前の、今となっては二度と戻れない時空間でもあります。ハッセルブラッド1000Fがギロチンのようなシャッターで切り落としたその中に、私たちの世界が捨象し忘却してきたものたちの声が真夜中の長距離通話のように響く一冊。

新作のみで200頁超のボリュームという、高橋の長いキャリアの中でも初の試みとなる写真集です。

― 出版社説明文より

※本書は天辺が袋とじになっておりますが、こちらは製本ミスではなく、本作のコンセプトに合わせた仕様です。ミシン目を入れていますので、ペーパーナイフ等で切る、切らずに覗き込むなど、ご随意にお楽しみください。

$72.13

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
232 × 165 mm
頁数
216頁
製本
ソフトカバー
発行年
2021
言語
英語、日本語
ISBN
978-4-909287-08-3

高橋恭司による出版物