島影

島影

白石ちえこ

出版社:蒼穹舎

2nd Edition

物心がついた頃、ペンギン島に行ったという曖昧な記憶があるのだが、島へ行く道すがら見かけた風景はぼんやりとしかよみがえらず、 現実離れした絵の中の風景のようでもある。

船上から眺める島影はかすみ、波間に揺らめき、見え隠れしていた。遠くに近くに見えながら、なかなかたどり着くことができない。記憶の中で小さなシグナルを出すペンギン島は、まぼろしの島である。 その島影は、仄暗い記憶の底にゆらゆらと漂っている。

― 白石ちえこ、あとがきより抜粋

白石ちえこによる出版物

関連書籍

Loops

アンダース・エドストローム

$21.49

JP-34

松江泰治

$36.83