三つ目の部屋へ

Signed

三つ目の部屋へ

原田直宏

出版社:禅フォトギャラリー

禅フォトギャラリーでの初個展となった前作『泳ぐ身体』で、光と影の隙間を生きる人間性の揺らぎを表現した原田は、今作の『三つ目の部屋へ』で人間の内側に潜む意識にフォーカスを あてた。その曖昧で揺らぎやすい明滅を、古典的な写真技法「レイヨグラフ」とストリートフォトグラフを混ぜ合わせ、色彩際立つカラー写真作品として制作しました。「身体を動かす-意識する-無意識になる」という誰もが日常で身に付けている力の繋がりを、目に見えない1つの物語として所有していることを示唆しています。

三つ目の部屋へ

この写真群は、閉ざされた空想の中で三つの部屋を移動していく
ある人の運動と思考の痕跡である。

三つの部屋とは以下三つの目で構成された、
奇妙で閑散とした空間のことである。

一つ目の部屋:眼

光で色彩を感知する目

二つ目の部屋:幻、印象

眼球で見たものが時間の経過で摩擦し、
意識の中を眺めている目

三つ目の部屋:不可知

まだ何も見えていない、いつか見えるかもしれないことを想像し、
無を見つめようとする目

そこは、青いと思えば、青く、赤いと思えば、赤い現在が生まれる、ガラスのような架空の部屋であった。

この作品は、現実に少し似た物語の中から、抜き出された光と感覚で描かれた絵本のような世界の一端である。

― 原田直宏

― 出版社説明文より

キワード:
判型
297 x 210 mm
頁数
70頁、掲載作品30点
製本
ソフトカバー
発行年
2018
言語
英語、日本語
エディション
300

原田直宏 による出版物