ひとと衣食住に割り込むことを拒否されて、それを取り囲むように叢がある。叢は、雪や雨や風や日の光に、その有様を変える。
 わらすこ(子供)たちは、山肌の斜面の雑木や叢でターザンごっこをやり。秋の名月(おめげっつぁん)には薄などを取りにいった。
 逆巻く毛っこ掻き分けて――蔦の覆った、その暗がりに心が落ち着いた。親に怒られたとき。挫折を味わったとき。アア、オイ(私)はひとりぼっちなんだと逃げた場所。恐ろしい場所。やがて叢の中の栗の香は大人になったことを知らせた。
 ひとと衣食住がそこにある前は、叢が在った。

― 橋本照嵩、あとがきより

判型
290 x 203 mm
頁数
48頁
製本
ソフトカバー
発行日
2016
言語
英語、日本語
エディション
500

橋本照嵩による出版物

Signed 瞽女

橋本照嵩

売り切れ

関連書籍

winter

藤田はるか

$39.84