Vacuum 05

2022年4月10日『VACUUM 05』が完成しました。

表紙の方は台湾で活動する林君の写真を選びました。
路上で繰り広げられる劇場の一幕であるかのような、これから始まる無言劇、その開演のブザーが鳴り響いている、そんな音が聞こえてくるかの様です。
内容の方は、10人のそれぞれの時間と場所、路上からの写真で構成されています。
掲載順に紹介すると、林軒朗、鈴木拓也、阿部淳、陳捷甄、山田省吾、瀬頭順平、松岡小智、平野祐子、越野亮介、後藤渚、の10名です。

〈VACUUM〉は3ヶ月毎に発行してきて、今号で2年目に入りました。
メンバー自らが製本を行い、完成した本を机の上に並べた時に思うのは、この本はこの場所から誰かの手に渡っていく。
そんな事を想像すると、次も作りたいという欲望がまた新たに生まれてきます。
ということで、これからも〈VACUUM〉は続いていきます。
そして次号『VACUUM 06』は2022年7月発売予定です。

― 出版社説明文より

$20.34

税込

在庫無し

欲しい物リストに追加
判型
280 × 205 mm
頁数
168頁、掲載作品87点
製本
ソフトカバー
発行年
2022

関連書籍

Signed 1995

阿部淳

$24.40

Signed Hiroko

森山大道

$81.35

Osaka Diary

ピーター・ビアロブルゼスキ

$33.34

Signed KANBAN

森山大道

$81.35

78

須田一政

$65.08

2002

阿部淳

$26.03

Signed LONDON

山内道雄

$40.67