A Hometown: 2056 kilometers, 360 villagers, countless apples & a farewell

A Hometown: 2056 kilometers, 360 villagers, countless apples & a farewell

張曉

出版社:Jiazazhi Press

2011年以降、張曉はすべての作品を、自身の成長と記憶に密接に関連する、最もよく知る故郷にシフトしています。当初、彼はポラロイド乳剤のリフトを通して一連の作品を制作しました。自分自身と故郷を引き裂き、修復するプロセスのメタファーとして、またこれらのコラージュイメージを通して、記憶と現実の間のバランスを見出すためです。

そして、その時の張曉は、故郷に対して、むしろ村の中で放浪する子供のように、反射するコインの中に故郷の「廃墟」を目的もなく探しているようなものです。家の古い引き出しから古いものをすべて捨て、親戚の古い写真集をあさり、市場に隠れている写真館を歩き回り、さらには村人全員のポートレートを撮るために、村議会の農村協同組合医療証を借りたりもしました。

張曉は故郷について、『郷土中国』の費孝通の言葉を引用しています。「特定の生活集団にはそれぞれ特別な言語があり、他の言語では翻訳できない言葉や言い回しがたくさんある。これらの故郷のイメージは、地域社会の複雑な関係を、平坦な消費イデオロギーと美的論理に投影する、ある種の言語に過ぎない。」

張曉は故郷を調査する中で、幼い頃に自分を取り巻く農村の「美学」を徐々に構築し、あるいは再発見しました。その様々な種類の視覚認識、スキーマ、テキストと色は、都市やファッショナブル、モダンとは互換性があるが、しかしある程度、人々の都市への想像、権威、より良い生活への憧れを源としています。

張曉にとって、故郷の散漫な探索の中で、「林檎」というシンボルは、他の作品よりも重要な意味を持っています。張曉の故郷に関する作品をすべて地図上に広げてみると、張曉のリンゴに関する作品は、あたかもそのような村の中心に果樹園を作るかのようであることがわかるでしょう。こう彼は言います「“Them”や“Coastline”というマクロな視点から、故郷に戻り、そして“Apple”に至るまで、私の創作には「面」から「線」、「線」から「点」への過程があります。その後、故郷の地理的な「点」をなくし、より象徴的なものーリンゴに置き換えていきたいと考えています。」

― 出版社説明文より

キーワード: 中国

$47.68

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
180 × 135 mm
頁数
1112頁、掲載作品1470点
製本
ソフトカバー、ケース
発行年
2021

よく一緒に購入されている商品

Signed Soi 1

横溝光太郎

$35.28

Signed indigo

水谷幹治

$26.64

The Well

ナイジェル・シャフラン

$59.60

張曉による出版物