a priori

a priori

真月洋子

出版社:蒼穹舎

この写真集のタイトル[a priori innerplants]は〈天与のものとしての内なる植物〉とでも訳せばよいのか。 今後の真月洋子がどのような方位をとるにしても映像作家としての対象への没入は不動の命題だろう。 いずれにせよ本写真集は今後も永く真月の原点としての意味を持ち続けるに違いない。(馬場駿吉)

キーワード: スナップショット

関連書籍

Signed 留鳥

伊藤昭一

$33.14

Signed 蜉蝣

森山大道

$120.50

旅記

西村多美子

$60.25

王国

奈良原一高

$110.46