adrenamix

adrenamix

石川竜一

出版社:赤々舎

石川竜一第三弾!
『絶景のポリフォニー』『okinawan portraits 2010-2012』につながる
衝迫と混沌の初期作品。

20代前半の日々、夜を裂いて走る暴走族やクラブでのシーン、性に向かう扉。
鬱屈しつつも考えつづける仲間との時間――。

孤独と閉塞。乾きと希求。
夜闇の深さのなかに生の疼きと匂いを探る、石川竜一の原点。
誰のなかにもある抑えきれない衝動や溢れ出るものを生々しく見つめる一冊。

 

adrenamix


夜闇に開かれた口
母の声に跨がって
走り抜ける翳たち

皆無の森に響く千鳥足
突き刺さる哲の

吹きこぼれた泡が地にしみ込む前に
ケツで感じる孤独
迷うことも出来ないほど
閉ざされた奇妙な国に
散乱した全ての蛇行眼球は
飛び込む川も見つからない

軽快な乾きが
沼地のように湿った身体を求め
硬直した肉体の山脈
峠を流れる汗のつぶを掬い上げるように
その筋に舌を這わせる
辿り着く前には既に愚劣さを知る

中毒的生産の果て
意志を持たない石ころは
勃起する睾丸の理不尽さを
更に無意味で上書きするために
男たちは鼓動を白く濁らせ
女たちは春を飛び越え
夏の夜で笑う

夜は明けずとも夜というか
扉は開かずとも扉か
闇は照らされても闇のままだ
転んで破れた心臓からは
命の声が溢れ出し
それでもまだ静寂

蛍光灯の陳列棚に並べられた
レトルトの時間を食い漁りながら
アスファルトの上を這いつくばり
沈んでいく月を持て余す

どんなに酔っていても
酒の入った瓶を叩き割ることは出来ない
垂れ流される記憶と
二日目に野獣の迎え

キーワード: 沖縄 スナップショット

$19.41 15% discount $16.50

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
182 x 128 mm
頁数
120頁
製本
ソフトカバー
発行年
2015

石川竜一による出版物

Decades No.1 2000_20 Issue

岩根愛、石内都、アントワーヌ・ダガタ、エリック、沈昭良、石川竜一、ベク・スンウ、骆丹、キム・ジンヒ、マンデラ・ハドソン

$19.41 $16.50

関連書籍

Vacuum 02

阿部淳、越野亮介、後藤渚、陳捷甄、野口靖子、平野祐子、松岡小智、山田省吾

$24.27

Signed たね

ときたま

$33.97 $28.88

78

須田一政

$77.65

Signed 山の光

松谷友美

$34.94 $29.70

Signed 留鳥

伊藤昭一

$32.03 $27.23

SignedRestock/Best of 蜉蝣

森山大道

$116.48 $99.01