Beuys in America

Beuys in America

ヨーゼフ・ボイス

出版社:Steidl

1974年1月9日、ヨーゼフ・ボイスは、クラウス・シュテーク、ゲルハルト・シュタイデルとともに、初めてアメリカを旅した。この旅は決して単なる訪問ではなく、飛行機、タクシー、ホテル、大学、ギャラリーなどで行われ、写真やビデオで包括的に記録された綿密な計画によるパフォーマンスであった。クレス・オルデンバーグ、リル・ピカード、アル・ハンセンなどのアーティストが訪れたニューヨークのニュースクールでは、ボイスが社会彫刻の具体的なモデルを説明し、大きな黒板3枚をドローイングで埋め尽くすという満員のレクチャーでツアーは幕を開けた。

次に訪れたシカゴでは、さらに議論を呼ぶ講演と、思いがけないパフォーマンスが繰り広げられた。映画館「Biograph」の前を通りかかったボイスは、映画館で警察に追い詰められ、近くの路地に追いやられて射殺されたアメリカのギャング、ジョン・デリンジャーの死を自然に再現したのである。その後、ボイスのツアーはミネアポリスに至り、さらに記者会見、討論、デイトン・デパートの中を長時間歩き回るというものであった。ドイツに戻り、何百枚もの写真と何時間ものビデオテープが集められたが、常に新しいプロジェクトに取り組んでいたボイスは、なぜか編集する時間が取れなかった。そして、1985年10月、ボイスが亡くなる直前に、ようやく写真集のシークエンスが完成したのである。1987年に出版されたオリジナル版の新装版としてSteidlより刊行された本書は、クラウス・シュテークとゲルハルト・シュタイデルによって全面的に再構成された。

― 出版社説明文より

$49.98

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
297 × 210 mm
頁数
224頁、掲載作品187点
製本
ハードカバー
発行年
2022
言語
英語、ドイツ語
ISBN
978-3-95829-913-9