binran

binran

瀬戸正人

出版社:リトルモア

アジアの夜。
光に溶けず、闇に染まらず、したたかに生きる女たち。

台湾の街道筋に立ち並ぶ、電飾を施したガラスの箱の中で、今夜もビンランを売る女性たち。
その生の輝きが、見る者の現実を超えた存在感で迫る。
見ているうちに目が眩み、感覚が麻痺していく、この写真集はまるでビンランそのもののよう。

ビンラン(檳榔):
ヤシ科の植物で、種子には覚醒作用があり、アジア各地の庶民のあいだで親しまれている。台湾では先住民族の嗜好品だったが、やがて漢民族にも広まっていった。
噛むと口中が真っ赤な唾液で満たされる。吐き出された唾液の痕は、その鮮血のような色と花びらのような形から、ティーユーフォア(地獄花)と呼ばれるという。

キーワード: 台湾 ポートレート

$22.70

税込

在庫無し

欲しい物リストに追加
判型
306 x 218 mm
頁数
92頁
製本
ハードカバー
発行年
2008

瀬戸正人による出版物

関連書籍

SignedRestock/Best of Moving Away

石内都

$28.37

Signed

元田敬三

$32.43

Cop

クリストファー・アンダーソン

$64.85

TIBET

有元伸也

$50.89

Inner Self

アンソフィー・ギュエ

$34.05

中井菜央

$32.43