写真家の記憶の抽斗(日本語版)

写真家の記憶の抽斗(日本語版)

北井一夫

出版社:日本カメラ社

写真家として歩んできた50 年を
代表作と共に振り返る、
北井一夫初の自伝的エッセイ集が刊行。

初期作の「抵抗」をはじめ、「三里塚」、「いつか見た風景」、「村へ」、「1920年代ドイツ表現派の旅」、「新世界物語」、「フナバシストーリー」、「おてんき」、「1990年代北京」、「ライカで散歩」、「道」など、北井一夫のこれまでの代表作を多数掲載。
写真家はこれまで何を考えながら写真を撮り、写真と向き合ってきたのか。
作品ごとに、撮影当時の記憶をたぐり寄せるようにしてまとめた、北井一夫初の自伝的エッセイ集。

― 出版社説明文より

キーワード: 写真論

北井一夫による出版物

村へ

北井一夫

売り切れ

北井一夫

$50.27