Correspondence

Correspondence

木村肇

出版社:居場所The (M)éditions

ナンバー入り

『Correspondence』は、日本人写真家・木村肇の最新刊。木村が旅したのは、リスボンの北にあるトーレス・ヴェドラスという地域である。そこには、1810年のナポレオン戦争の要塞として、考古学的にも歴史的にも最も有名な山脈が横たわっている。木村は、この古い山脈の一つを辿りながら、現在の風景やゴミを発見し、考古学者のように座標と日時を書き込んで記録していった。

『これは、考古学で有名な場所で、未来の考古学者や、過去の遺物を偶然見つけた人に向けて送ったメタメッセージです。今は単なるゴミとしか認識されていないものが、数十年後、数百年後には過去を探る手がかりになるかもしれない。私はこのメッセージを、まだ見ぬ未来の人たちに向けて発信しようと思い、ゴミの写真とゴミが落ちていた周囲の風景を撮影しました。それらをこの本にまとめ、「掘り起こし」をやってもらう。それがこの物語の基本です。』
― 木村 肇

― 出版社説明文より

$67.61

税込

お取り寄せ注文

発送までにかかる日数は 20 日

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
230 × 160 mm
頁数
70頁
製本
ソフトカバー
発行年
2022
エディション
500
ISBN
979-10-95424-34-5

木村肇による出版物