写真同人誌九州 II

写真同人誌九州 II

内田芳信松岡美紀

出版社:写真同人誌 九州

どのようにテーマを決めたのかは定かでは無いがきっと酒の席だろう。

元々1号にも書いたように、「ここ九州に生まれ、九州で育ち、そして九州で暮らしている私たちが九州から発信していくこと」が目的なので、正直テーマなど決める必要性はないと思っていたのだが、写真雑誌と言うこともあり、自然とメンバー全員がこれからこの写真同人誌九州と共に、私たちがどう九州と向き合って行くのかを考えていた様にも思う。

タイトルにある「九州三県境」とは九州で3つの県に跨る県境をさし、福岡、熊本、大分からなる県境。大分、熊本、鹿児島からなる県境。

そして熊本、宮崎、鹿児島からなる県境の三ヶ所存在する。
今回、松岡は大分、熊本、宮崎へ。内田は福岡、熊本、大分へ。尾崎は熊本、宮崎、鹿児島へ。
彼岸も終わり何とも心地良い秋を、光を全身に浴びながら各メンバー一斉に「九州三県境」を目指した。

きっと意識的に訪れることの無かったであろう場所。

この土地を訪れたことで、改めて大地を根にして共に歩んで行く人々の営み、その根源をほんの少しだがこの眼で見た様な気がする。

− 写真同人誌九州IIより

キーワード: 雑誌 ドキュメンタリー

$9.73

税込

在庫無し

欲しい物リストに追加
判型
297 × 210 mm
頁数
64頁
製本
ソフトカバー、ケース入
発行年
2015
エディション
300

よく一緒に購入されている商品

最近見た商品