Dream Machine

Dream Machine

鲁小本

出版社:Jiazazhi Press

本作品集はインターネット上のショップで見つけられた、どこか懐かしく、中国らしさを感じられるデザインの布がまとわれている1冊となっている。
戦前の中国で撮影された写真(複製)が色とりどりかつイラストが描かれたページに配置されているが、どこか現代的な感覚を感じられる。
美しく、手に取って楽しい1冊である。

中国に初めて自動車がやってきたとき、私たちはどれほど感動したことでしょう。100年以上前、都会人や普通の農民は、人知れず動く不思議な乗り物に見とれていたに違いない。ある人は「悪霊が乗っている」と言った。しかしその昔、カメラと魔法の鏡が発明されたときにも、同じようなことが言われていた。また少しユーモアのセンスのある人は、自動車のことを「外国の家歩き」と呼んだり、背後の空気に溶け込んだ黒い煙から「屁こきカート」と呼んだりした。
しかし、1900年代初頭まで中国の人々が外国製品や近代化に敵対していた、と考えるのはよくある間違いです。一般的に言えば、彼らは新しいトレンドを積極的に受け入れ、それを日常生活の中に実用的に織り込んでいったのである。高級な輸入品はエリートが社会的地位を示す視覚的証拠として使用し、安価な模造品は一般庶民の新製品への需要を満たした。両者は、有形物を必要とせず、新しいものを切望する文化に吸収された[1] 。
例えば杭州では、西湖の大群衆が写真のスライドショーに驚嘆した。1930年代、街には何十人もの写真家がいました。当時、一般庶民は白黒で、裕福な人は手作業で丹念に彩色されたポートレイトを撮影した。写真館では背景をペンキで塗りつぶした風景や、流行りの機械を前景に、モダンな雰囲気を再現することに努めた。1940年代のオートバイ、1950年代の戦車、1960年代の飛行機、1980年代のテレビなど、新しい技術への憧れは、現在でも感じられる継続的な文化習慣であることが証明されています。
この作品集では、私が過去10年間に中国の骨董市やウェブサイトを通じて収集した35枚の写真で構成されています。カラフルなグラフィックは、1960年代に制作された、有名な西湖のほとりで歴史的な旅をするアルバムからコピーしたものです。ポートレートは、かつて車や飛行機、テレビなどの機械が持っていた未来的な魅力を表現しています。ここ数十年のインターネット、スマートフォン、電動バイクの発明のように、ほとんどの革新的な技術は、ゆっくりと一般的な姿へとなっていくのです。

― ルーベン・ルンドグレン

[1] フランク・ディケッター『エキゾチック・コモディティ、モダン・オブジェと中国の日常生活』コロンビア大学出版局、ニューヨーク、2006年

― 出版社説明文より

キーワード: 中国

$48.89

税込

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました

判型
255 × 180 mm
頁数
68頁
製本
ハードカバー
発行年
2023
言語
英語、中国語

よく一緒に購入されている商品

Signed Go to become

ヨーガン・アクセルバル

$34.92

最近見た商品

鲁小本による出版物

Wow Taobao

鲁小本、Matjaz TANCIC

在庫無し