HAPPY SNAPSHOT DIARY: Tokyo 1968-1973

HAPPY SNAPSHOT DIARY: Tokyo 1968-1973

野上眞宏

出版社:ブルース・インターアクションズ

ポスター付き、ケース角に少々痛み有り

1960年代後半から70年における、日本ポップカルチャーの貴重かつ詳細な記録。タイトルにも示されている通り、それは写真家野上眞宏の個人的な写真日記である。中心となる重要な被写体は、日本語によるロックの提唱をした伝説的バンド、はっぴいえんど。写真は、1968年に銀座で散歩がてら撮影した松本隆、細野晴臣からはじまり、細野のソロアルバム「HOSONO HOUSE」のレコーディングが行われた1973年2月で締めくくられる。各巻に細野晴臣、奥村靫彦と著者との対談を収録。

HAPPY I SNAPSHOT DIARY Tokyo 1968-1970
判型
237 x 215 mm
頁数
203頁
HAPPY II SNAPSHOT DIARY Tokyo 1970-1973
判型
237 x 215 mm
頁数
219頁
ポスターサイズ
775 x 429 mm
製本
ハードカバー2冊、ケース
発行日
2003(第2刷)

野上眞宏による出版物

関連書籍

78

須田一政

$82.07

SignedRestock/Best of 蜉蝣

森山大道

$123.10

旅記

西村多美子

$61.55